当院について 診療科・部署紹介 入院について 個人情報 求人 お問合せ

当院に
ついて

理事長・院長挨拶

当院は、1962年に前理事長 宮本政義が岡山市内に初めての整形外科専門医院として開院し、2003年より私が引継いでおります。
1964年に岡山市中区国富に宮本整形外科病院を開院、現在は整形外科、内科の診療を行っています。
整形外科では、一般の診断、治療を中心に脊椎、リウマチ、手の外科、小児整形、内科は一般診療、生活習慣病、呼吸器疾患、消化器疾患など、それぞれ病状に応じて急性期病院と連携をとりよりよい医療の提供に努めています。
また一般病棟に加え、医療療養型病床(50床)・地域包括ケア病床(20床)を有しており、地域の主幹病院と連携をとり急性期治療を終えても医療行為が長期的に必要な患者様のケア、手術後の患者様の回復に向けてリハビリテーションに取り組んでいます。
近年の高齢化社会の中、医療と福祉の連携を重視し充実させることにより社会貢献につながると考え、1981年に社会福祉法人 恵風会を設立しました。
関連施設として特別養護老人ホーム 恵風荘・介護老人保健施設 恵風苑・ケアハウス 恵園・デイサービス・サービス付き高齢者向け住宅 レジデンスめぐみなどを整備しており、地域の皆様に感謝されるような総合的な医療・福祉になればと願っております。

宮本整形外科病院
理事長・院長
宮本 宣義

診療実績はコチラ

新着情報一覧へ行きます。

NST(栄養サポートチーム)稼働施設認定証

NST(栄養サポートチーム)とは、Nutrition Support Teamの頭文字を取った略称です。
当院はNSTの活動を、2007年頃より開始し入院患者様が適切な栄養管理を受けられるよう、
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士が連携し、患者の栄養、評価栄養管理法の提言を行っています
これらの活動により、当院は2008年4月1日、日本静脈経腸栄養学会で
NST稼動施設として認定されました。

病院機能評価認定証

病院機能評価とは、病院が組織的に医療を提供するための基本的な活動が、適切に実施されているかどうかを評価する仕組みです。
第三者機関の評価調査者(サーベイヤー)が中立・公平な立場にたって、所定の評価項目に沿って病院の活動状況を評価します。
評価の結果明らかになった課題に対し、病院が改善に取り組むことで、医療の質向上を図ることが出来ます。
2018年に一般病院1 病院機能評価機能種別版評価項目<3rdG:Ver.1.1>の認定を受けました。